1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.93 評価, 14 投票)
 

香港と中国本土との人民元建て貿易決済は8月に大幅な増加を記録した。7日付『信報』によると、香港金融管理局(HKMA)の統計では8月までの香港と中国本土との人民元建て貿易決済の累計総額は779億元で、7月の393億元から98%増加した。8月単月では386億元で、人民元建て貿易決済が始まった昨年7月から1年の累計額に匹敵する。銀行界では年内に1000億元または1500億元を突破するとみている。

また同日付『明報』『信報』などによると、前HKMA総裁の任志剛(ジョセフ・ヤム)氏はあるセミナーで、香港での株取引や新規株式公開(IPO)で人民元を決済通貨とする構想に賛同を示し、大型株上場などでのホットマネー流入による香港ドルへの影響を避けられると指摘した。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/10/rmb-settlement-2010-august-surge/trackback/
この投稿へのリンク
香港・本土との人民元建て貿易決済、8月に急増 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET