1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.93 評価, 14 投票)
 

Q. 会計帳簿の種類や役割、財務諸表との関係などについて教えてください。



A. 会計帳簿は法人の活動を記録し、その経営成績や財政状態を表す財務諸表の基礎となります。会計帳簿は、全ての法人が備える主要簿と任意の補助簿に区分されます。

① 作成目的及び範囲

会計帳簿とは、金銭的に捕捉できる法人の取引活動である売上げや仕入れ、資産の購入や売却、負債の調達や返済、資本金の拠出などを記載した帳簿です。この記帳を基に法人の経営成績である損益計算書や財政状態を表す貸借対照表などの財務諸表を作成します。法人は、会計帳簿の記録、管理、保管に責任を負います。複数の事業活動を行う際には各事業ごとに会計帳簿を備えなければなりません。BCC(事業協力契約)など特定のプロジェクトを実施する際も独自に会計帳簿を備える必要があります。

② 会計帳簿の種類1(主要簿)

会計帳簿は、主要簿と補助簿により構成されます。主要簿は法人の取引を体系的に統括する帳簿であり、 仕訳帳と総勘定元帳から構成されます。仕訳帳とは、全ての取引を取引順に記載した帳簿です。総勘定元帳は、勘定科目ごとに全ての取引を 記載する帳簿です。例えば、勘定科目が現金であれば、現金の入金及び出金取引を全て記載します。記載順序としてはまず仕訳帳へ記載し、その後仕訳帳に記載された取引が総勘定元帳に転記されます。さらに総勘定元帳の勘定科目ごとの合計額に基づき財務諸表が作成されます。

③ 会計帳簿の種類2(補助簿)

補助簿は主要簿に対して補助的な役割をする帳簿であり、補助記入帳と補助元帳から構成されます。補助記入帳の例としては、小口現金の明細を記載する小口現金出納帳や売上げ明細を記載する売上帳などです。補助元帳の例としては、取引先ごとの売掛金や買掛金の明細を記載した売掛金元帳や買掛金元帳などです。補助簿は法人の管理目的に応じて作成します。

④ 記載方法

仕訳の前提として、借方(左側)、貸方(右側)という会計用語がありますが、現在においては特別な意味合いは無く、単に左側と右側を指します。借方には資産および費用が、貸方には負債、純資産、収益が通常記載されます。従って、資産、費用が減少する取引は反対側の貸方に、負債、純資産、収益が減少する取引は借方に記載します。例えば、土地を売却し現金を得た場合は、資産である現金は増加するので借方に記載しますが、資産である土地は減少しますので貸方に記載します。

⑤ 保存期間及び罰則

会計年度末から原則十年間、その会計帳簿及びその事業に関する重要な資料を保存しなければなりません。保存期間に関しては原則日本と同様です。また、保存期間の違反や虚偽記載には2千万ドン以下の過料が課されますのでご注意下さい。

今月のまとめ

  1. 作成目的及び範囲:財務諸表作成の基礎となる。異なる事業ごとに作成が必要
  2. 主要簿:取引を体系的に統括する仕訳帳と総勘定元帳
  3. 補助簿:任意による作成
  4. 記載方法:各取引を借方及び貸方へ記載することにより記録する
  5. 保存期間及び罰則:保存期間は原則十年、会計業務に関する行政罰として2千万ドン以下の過料が課される

NAC国際会計グループ ベトナム事務所
NAC (Vietnam) Co., Ltd.

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/09/vietnam-accounting-books/trackback/
この投稿へのリンク
[ベトナム 会計・税務] 会計帳簿 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET