1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.78 評価, 9 投票)
 

東莞市常平鎮でこのほど、香港系メーカーの経営者が給与未払いのまま行方不明となり、ワーカーが鎮政府に救済を求める騒ぎが起きた。1日付『文匯報』によると、事件が発生したのは同鎮崗梓新囲村にある委託加工メーカーの毅泰織造厰。

鎮政府の労働部門が調査したところ、ワーカー190人余りの給与が未払いで総額は104万元に上る。関係部門は工場を封鎖し、給与問題について協議している。同社経営者は2005年にも他の工場で債務不履行のまま行方をくらました前科があるという。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/09/dongguan-unpaid-wages/trackback/
この投稿へのリンク
中国・東莞、香港系経営者が給与欠配で行方不明 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET