1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.80 評価, 5 投票)
 

広東省体制改革研究会は7月29日、経済特区に関する調査研究報告を発表した。今年、深セン経済特区が成立30周年となるのを機に全面的な検証作業を行い、3つの経済特区について位置付けを明確化。

深センは「総合改革実験地」、珠海は「広東省、香港、マカオの協力モデル」、汕頭(スワトー)は「広東省と台湾の協力試験区」としている。一方、今後の課題として(1)改革力の不足、政治・社会体制の改革停滞(2)社会の矛盾が未解決のまま先鋭化(3)経済調整力の不足(4)発展の不均衡と発展後の力不足(5)監督管理力の不足と腐敗・規律違反の増加(6)公務員が現状に甘んじている――を挙げた。30日付『大公報』が伝えた。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/08/guangdong-clarify-special-economic-zone/trackback/
この投稿へのリンク
広東省、3特区の位置付け明確化 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET