1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.50 評価, 4 投票)
 

深セン市や広州市では不動産市場抑制策の影響で、例年では書き入れ時である5月1日からの連休中の不動産取引が顕著に減少した。

5日付『香港経済日報』によると、深センの新築住宅物件の取引量は1日が26戸、2日はわずか7戸で、過去最低を記録。1平方メートル当たりの平均価格は2万元を割り込んだ。4月上旬には1日当たり平均100戸以上の取引があった。連休中に開催された不動産物件展示会「2010中国(深セン)春季房地産交易会」も盛り上がりを欠いた。

広州では1日が93戸、2日が85戸で、両日合わせた取引量は前年同期比85%減。それまでの1日当たり平均約200戸に比べると激減。1平方メートル当たり平均価格も1万元を割り込んだ。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/shenzhen-guangzhou-housing-trade-down/trackback/
この投稿へのリンク
深セン・広州、連休中の住宅取引が激減 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET