1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.33 評価, 3 投票)
 

25日、電子機器メーカーの深セン富士康(フォックスコン)で湖南省出身の19歳工員が飛び降り自殺を図り死亡した。入社42日目で、将来を悲観する遺書が残されていたという。同社工員の飛び降りは11人目、うち9人が死亡。深セン市当局は調査の結果、企業体質や業務体制とは直接的な関係はないとみている。

亜洲電視(ATV)ニュースは、1980~90年代に生まれた若者は、都会に夢を描いて働きに出たものの、現実と理想とのギャップに耐えられなかったのではないか、との心理専門家の分析を伝えている。同社の大株主である台湾鴻海集団の郭台銘・董事長が同夜、深セン入りした。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/foxconn-suicide-11-th/trackback/
この投稿へのリンク
中国・深セン富士康、飛び降り自殺11人目 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET