1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.50 評価, 4 投票)
 

中国本土では春節(旧正月)連休を終えて出稼ぎ労働者らが都市部へ戻りつつあるが、珠江デルタでは200万人余りの労働力不足となっているようだ。22日付『香港経済日報』『信報』などによると、珠江デルタ各都市で不足している労働力状況は、東莞市が100万人余り、深セン市が約82万人、広州市が15万人、中山市で13万人などとなっている。最も深刻な東莞では企業が就職相談会を例年より4日繰り上げ、基本給を引き上げるなどで人材確保に躍起となっている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/02/pearl-river-delta-200-million-worker-shortage/trackback/
この投稿へのリンク
珠江デルタ、200万人の労働力不足 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET