1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.67 評価, 3 投票)
 

A型H1N1ウイルスの変異種が、香港の新型インフルエンザ患者にも確認された。衛生署は、この変異が原因で重症化する、死亡率が上昇するなどの異常は見られないと報告した。7月25日にプリンス・オブ・ウェールズ医院に入院した1歳男児から検出されたウイルスの、123番目の塩基配列がノルウェーで発見されたものと同じ変異を起こしていた。男児は3日後に退院し、すでに回復、家族に症状は出ていない。この変異種はブラジル、中国本土、日本、メキシコ、ウクライナ、米国でも見つかっており、抗ウイルス剤であるオセルタミビル(製品名タミフル)、ザナミビル(製品名リレンザ)への耐性は見られない。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/11/h1n1-variation-hongkong/trackback/
この投稿へのリンク
H1N1変異ウイルス、香港でも検出 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET