1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.20 評価, 5 投票)
 

2009年7月1日より、上海と広東省4都市において人民元建て貿易決済が開始されました。

制限が厳しく、人民元の為替レートの影響もあって、利用はまだ一部に留まっていますが、人民元国際化の第一歩となる重要な規定です。目的、条件、メリットに分けて、簡単にまとめてみたいと思います。



1. 目的

人民銀行の質疑応答によると、国内企業及び周辺地域企業の為替リスクの軽減と、貿易量の増大による人民元決済の利便性が挙げられています。

2. 条件

対象となる地域と企業

銀行

人民元決済による輸出入貿易は、人民元の換金をどこで行うかで大きく分けて2つに分かれます。すなわち、中国の銀行(国内代理銀行)が国外の銀行に代わって行うケース、香港・マカオの銀行(香港・マカオ人民元清算銀行)が行うケースです。

国内では「国内決済銀行」が試験対象企業に人民元決済サービスを提供し、書類の審査や人民銀行への報告を行います。

図1:「国内代理銀行」を利用する場合の例

rmb-settlement-system
図2:「香港・マカオ人民元清算銀行」を利用する場合の例

rmb-settlement-system-hkmo
尚、現在のところ香港の人民元清算銀行は中国銀行(香港)有限公司、マカオの人民元清算銀行は中国銀行(マカオ)有限公司です。

管理体制

人民元による決済が認められたものの、試験的導入ということで、管理体制は外貨管理に準じた厳しいものです。
  • 国際貿易人民元決済台帳の作成(輸出入通関情報や人民元資金収支状況を記録)
  • 国際収支統計申告の義務
  • 貿易形態による報告義務
    • 輸出代金の回収が210日を超える場合、国内決済銀行へ報告と関連資料の提供
    • 輸出による人民元収入を国外で預ける場合、国内決済銀行を通じて中国人民銀行の主管分枝機構に届出
    • 前受・前払金額が契約金額の25%を超過する場合、国内決済銀行に貿易契約を提出
    • 来料加工により受領した代金が契約金額の30%を超過する場合、国内決済銀行に説明資料を提出

3. メリット

利便性の向上として一番大きいのは、輸出企業を悩ませてきた外貨の核銷が不要になることです。
  • 核銷(輸出入時の外貨入金照合)が不要
  • 通常の輸出と同様、増値税の輸出還付が受けられる
  • 為替リスクの軽減
以上、詳細は全訳文をご確認ください。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/08/renminbi-settlement-3-points/trackback/
この投稿へのリンク
[まとめ] 人民元建て貿易決済の3つのポイント from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET