1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

SGホールディングスグループの佐川グローバルロジスティクスは16日、中国子会社の保利佐川物流が深セン市で建設を進めていた「蛇口物流センター」がこのほど、本格稼働を開始したと発表した。佐川としては中国内初の自社物流センターとなり、現地でのサービス向上を目指す。蛇口物流センターは蛇口港内に建設。保管・在庫管理だけでなく、佐川が日本で展開している流通センターのノウハウを生かし、検品、検針、ITサポートを含めた物流業務を提供して輸出、輸入、配送などに対応する。総敷地面積は4万5200平方メートル、延床面積は1万8191平方メートル、物流スペース1万5431平方メートルで、倉庫と事務棟を備え、顧客向けレンタルオフィスのスペースも設ける。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/07/sagawa-shenzhen-logistics-center/trackback/
この投稿へのリンク
佐川、深センの物流センターが本格稼働 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET