1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

国家統計局によると上半期の給与所得者の平均給与は前年同期比12.9%増の1万4638元だった。伸び率は2008年上半期より5.1ポイント下がった。給与が最も高かったのは金融業で平均3万603元。次いで情報・コンピューター・ソフト産業の平均2万7730元、科学研究・技術サービス・地質調査業の2万3248元の順だった。一方、給与が最も低かったのは宿泊・飲食業の9885元で、トップとの差は3倍以上だった。なお、この統計の対象には外資系企業は含まれるものの、私営企業、個人経営の商店などは含まれていない。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/07/first-half-avarage-salary/trackback/
この投稿へのリンク
上半期の平均給与12.9%増、伸びは鈍化 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET