1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

昨年の東莞市の輸出製品の返品は7800ロット余りに上り、2006年と比較して4.5倍に急増した。これは8日に米国の技術検査員や法律専門家ら10人ほどを招いて行われたセミナーで明らかにされたもの。米国の法律専門家によれば、中国企業は米国の連邦法に合わせ、各州の法律を軽視しているためリコールに遭うケースが多い。特に米国で消費される中国製品のうち玩具は8割を占めるが、安全基準の引き締めによりリコールのリスクはますます高まっているという。2007年に米国では玩具2000万件、子供向け装飾品1億7500万件が返品された。10日付『文匯報』が伝えた。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/07/dongguan-export-goods-returns/trackback/
この投稿へのリンク
東莞、輸出製品の返品が4.5倍に急増 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET