1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

シンガポールは14日、シンガポールとマレーシアの6都市を結ぶ新たな航路と、4都市の増便に合意した。新路線はシンガポールとイポー、クアラ・トレンガヌ、クアンタン、マラッカ、サンダカン、及びタワウ間で、シンガポールの航空会社によりイポーとの間で週21便、その他5都市との間で週14便の運航が認められた。

増便については、ペナン、ランカウイ、クチン、コタキナバル。シンガポールの航空会社により、ペナン向け合計週70便、ランカウイ向け合計週27便へ増便、両国の航空会社によりクチン・コタキナバル線が合わせて14便の増加が合意された。新路線、増便の認可は6月1日より発効する。

現在のところ、シンガポールの航空各社はクアラルンプール週106便、ペナン週18便、ランカウイ週6便、コタキナバル週17便、クチン週16便を運航している。[原文]

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/04/malaysia-agreed-to-expand-routes/trackback/
この投稿へのリンク
[シンガポール] マレーシアとの航路拡大に合意 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET