1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

金融管理局(MAS)は無担保貸付条例を改正し、3月1日より個人の無担保貸付申請者の収入制限を現在の3万シンガポールドルから2万シンガポールドルに引き下げる。

条例改正後、クレジットカード申請の最低年収制限3万シンガポールドル(55歳を超える場合は1万5千シンガポールドル)はこれまでと変わらない。年収が3万シンガポール以下の人の場合、クレジットカードの申請はできないが、年収の2倍までの無担保貸付申請は行うことができる。

条例が緩和されたことで、無担保貸付申請者は年収2万ドルに達していれば申請を提出することができ、貸付上限についても、これまで月給与額の2倍までとされていたが、4倍まで認められることとなった。

金融管理局は、金融機関が貸付の際の審査を確実に行うなどして、過度の貸付が行われないよう一定の措置をとるとしている。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/02/unsecured-loan-restrictions-eased-further/trackback/
この投稿へのリンク
[シンガポール] 3月より無担保貸し付けの制限を緩和 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET