1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

深セン市では香港市民による不動産の投げ売りが盛んとなっている。7日付『大公報』によると、香港の不動産代理店、美連物業(ミッドランドリアルティー)の深セン担当者は、すでに昨年8、9月から投げ売りが見られていたと述べている。香港市民はアジア金融危機の際にマイナス資産を抱えた悪夢が再現するのを恐れており、特に昨年末に物件を売却した香港市民は年央の3倍に上ったという。香港市民の売却額はだいたい市場価格より1割安く、中には100万元の損失を出してでも手放す人もいた。このため深センの不動産価格に下げ圧力が働き、高級住宅地の香蜜湖一号では中古物件の平均価格が半分以下となっているという。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/01/shenzhen-hong-kong-citizens-distressed-residential-properties/trackback/
この投稿へのリンク
深セン、香港市民が住宅物件を投げ売り【華南—経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET