12月に入っても最高気温が20度を超える暖かい日が続いたが、香港天文台の予想では、冬型の季節風の影響で気温が急激に低下し、6日の市街地の最低気温は12度まで下がるもようだ。最高気温も17度までしか上がらず、前後の数日間は寒い日が続くとみられている。気温の変動が激しいと呼吸器系統の持病やせき、鼻水、風邪を引き起こしたり、インフルエンザにかかる患者が増えることから、医師らは体調管理に注意を払うよう市民に呼び掛けている。4日付『星島日報』が伝えた。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/12/monsoon-in-the-wintry-temperatures-drop/trackback/
この投稿へのリンク
冬型の季節風で気温低下、体調管理に注意【香港—社会】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET