1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

深セン市の香港系アパレルメーカーで18日、ワーカー300人余りが給与支払いなどを求めてデモ行動を起こした。19日付『文匯報』『星島日報』などによると、騒ぎがあったのは竜崗区南湾南嶺村の登峰旅游製品公司で、米SGAからの委託でPOLOなどの有名ブランドの衣類を生産している。米SGA閉業したのに伴い同社香港事務所も1日に閉鎖。香港の銀行が登峰旅游製品公司の資産を凍結したため資金繰りがつかなくなり、裁判所は4日、支払いの滞っているサプライヤーらの要求で強制的に工場を閉鎖した。ワーカーらは給与・補償金620万元が未払いとなっていることや強制閉鎖に抗議し、地元政府までデモ行進した。地元政府は未払い給与110万元を肩代わりすると提案したが、ワーカーらは拒否。サプライヤーらと合流して市政府までデモ行進した。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/11/hong-kong-manufacturers-over-300-workers-demonstrated-in-shenzhen/trackback/
この投稿へのリンク
深セン、香港系メーカーで300人がデモ【華南—経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET