1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

政府統計処による6月2日付の調査で、香港にある外資系企業の数は前年比2.7%増の6612社だった。ヘッドクオーターを設けている企業は1298社、リージョナルオフィスは2584社、ローカルオフィスは2730社。親会社の国別に見ると、ヘッドクオーターでは米国311社、日本238社、英国119社、リージョナルオフィスでは米国612社、日本494社、英国234社、ローカルオフィスでは中国本土499社、米国452社、日本440社の順となっている。香港進出のメリットとして(1)明りょうな税制と低い税率(2)情報の自由な流通(3)外貨規制のないこと——が挙げられ、デメリットには住居やオフィス・工場の賃貸料の高さが指摘されている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/10/6612-foreign-companies-in-hong-kong-tax-system-is-the-most-attractive/trackback/
この投稿へのリンク
香港の外資系6612社、税制が最も魅力【香港—経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET