1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

深セン市政府は26日、「現代産業体系建設の加速と産業・労働力シフトに関する若干の意見」を発表し、4大支柱産業を中心とする産業構造確立への方針を示した。27日付『香港商報』によると、深センは2010年までにハイテク、現代金融、現代物流、文化の4大支柱産業の付加価値が域内総生産(GDP)に占める割合を約70%にし、労働集約型産業の割合が顕著に低下することを目指す。12年には1人当たりGDPの伸び率がGDP伸び率より約2ポイント上回るようにする考えだ。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/09/shenzhen-4-major-pillar-industry-to-70-percent-gdp/trackback/
この投稿へのリンク
深セン、4大支柱産業をGDPの7割に【華南—経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET