カテゴリ

個人所得税専用項目附加控除暫行弁法(意見募集稿)意見公募


8月31日にて全人大常務委員会審議を経て通過した新個人所得税法の実行のため、我々は個人所得税専用項目控除暫行弁法(意見公募)を作成し、社会向けに意見を公募する。公衆は2018年11月4日までに、以下の方式に従い意見を提出することができる。
  1. 国家税務総局ホームページにて(HP:http://www.chinatax.gov.cn)意見公募システムへ提出。
  2. 書簡による意見を北京市海淀区羊坊店西路5号所得税司へ(郵便番号:100038)郵送。封筒に「個人所得税専用項目附加控除意見公募」と明記する。
添付書類:個人所得税専用項目附加控除暫行弁法(意見募集稿)

財政部 国家税務総局
2018年10月20日

(続きを読む…)

財政部 税務総局による「2018年度第4四半期の個人所得税に係る控除費用及び税率の適用に関する通知」(財税〔2018〕98号)


個人所得税法の改定基づき、2018年10月以降の賃金・給与所得に係る個人所得税の申告について以下のように規定された。

1) 2018年9月30日以前に支給される給与
従来の申告と変化なし。

2) 2018年10月1日以降に支給される給与
基礎控除及び税率表を下記の通り変更する。
・基礎控除 : 5,000元
・税率表
等級 月度個人課税所得額 税率(%) 速算控除額(元)
1 3,000元以下 3% 0
2 3,000元超 12,000元以下 10% 210
3 12,000元超 25,000元以下 20% 1,410
4 25,000元超 35,000元以下 25% 2,660
5 35,000元超 55,000元以下 30% 4,410
6 55,000元超 80,000元以下 35% 7,160
7 80,000元超 45% 15,160

全国人民代表大会常務委員会「中華人民共和国個人所得税法」改定の決定について(中華人民共和国主席令第九号)


2019年9月1日施行。中華人民共和国第十三期全国人民代表大会常務委員会第五回会議にて2018年8月31日に審議が通過し、個人所得税法が大幅に改定されることが決定した。主な内容は以下の通り。
(続きを読む…)

広東省地方税務局による広東省身体障害者等の個人所得税減税規定の公告
(広東省地方税務局2016年8号)


概要

広東省内で所得を取得した身体障害者は、個人所得税の優遇減税が享受可能。

・2016年7月1日以降の給与所得、労務報酬所得等について、納税額を80%減額して個人所得税を徴収する。

会社が労働契約の終止により従業員に支払った経済補償金は個人所得税の納税が必要であるか?
原文


国家税務総局納税服務局 公表日:2012年5月14日 

【質問】
会社と従業員が締結した労働契約期間満了後、引き続き労働契約を締結しない状況において、従業員に経済補償金を支払った。会社が労働契約の終止により従業員に対して支払った経済補償金について、個人所得税を納税する必要があるか?
(続きを読む…)

職員福利費支出について、企業所得税を免税とするか?
 ——税務総局納税サービス室の注目問題に関する質疑回答
原文


「新華社北京5月2日」(=何雨欣、侯雪静)

職員福利費支出を企業所得税を免税とするか?農業・林業・牧畜業・漁業の企業は、取得した所得はすべて免税となるか?企業が(国営企業等の人員整理などによる)失業人員を雇用する場合、どんな税務優遇措置があるか?2日に国家税務総局によると、税務総局納税サービス室はこの間の納税質疑の注目問題について、一括回答した。
(続きを読む…)

国家税務総局担当責任者による
賃金・給与所得の新旧税法適用の関連問題に対する記者との質疑応答


【公布日時】:2011年09月07日 【出所】:国家税務総局弁公庁


本日関連メディアが報道した“8月賃金に対する個人所得税徴収に二つの解釈が発生”等の内容に対し、国家税務総局担当責任者は記者の訪問を受け、あらためて賃金・給与所得の新旧税法適用の関連問題を解説した。

(続きを読む…)

中華人民共和国主席令
第四十八号

≪「中華人民共和国個人所得税法」の改正に関する全国人民代表大会常務委員会の決定≫は既に中華人民共和国第十一期全国人民代表大会常務委員会第二十一回会議により2011年6月30日に通過した。ここに公布し、2011年9月1日より施行する。

中華人民共和国主席  胡錦濤
2011年6月30日


(続きを読む…)

定年前に退職する個人が取得する手当収入に係る個人所得税問題に関する公告
国家税務総局公告2011第6号


《中華人民共和国個人所得税法》及びその実施条例に基づき、ここに定年前に退職する個人が取得する一回性の手当収入に係る個人所得税徴収問題に対して以下のとおりに公告する。

(続きを読む…)