カテゴリ

Q:ベトナムにおける駐在員事務所代表者の兼任について教えてください。

A:外国法人によるベトナム駐在員事務所の代表者は以下の職務との兼任を行うことができません。

  1. ベトナム国内における支店の代表者
  2. 委任状を持たない、サイン権のある外国法人の法的代表者
  3. ベトナム法令に準拠して設立された法人の法的代表者

Q.企業会計に関わる罰則規定に関して教えてください。

A.2004年12月15日付け財務省規定No. 120/2004/TT-BTCには罰則規定が定められており、その対象となる範囲や罰金額などが定められていますが、かなり曖昧な規定であり、その適用にあたっては、かなりの部分が行政機関の裁量に委ねられている印象を受けます。

(続きを読む…)

Q.保存している会計帳簿が増えて来ましたので、そろそろ書類の整理をと考えています。会計帳簿の制度上の保存期間を教えてください。

A.制度上、会計帳簿の重要度に応じて5年ないし10年の保存期間が定められています。保存期間の違反や会計帳簿への虚偽記載には2千万ドン以下の過料が課されますのでご注意下さい。

(続きを読む…)

Q.ベトナムドンに基づく記帳を行っていますが、外貨建て預金や債権・債務のベトナムドンへの換算及び財務諸表への表示に関する注意事項などありましたら教えてください。

A.ベトナムでは、原則としてベトナムドンが記帳における基準通貨となります。従いまして、外貨建項目は、ベトナムドンに換算してから記帳しなければなりません。また、決済や決算時において為替差損益が発生しますが、損益計算書に計上しないケースもありまのでご注意下さい。

(続きを読む…)

Q.ベトナムの現地法人が資本関係のある関連会社を有しているのですが、連結財務諸表作成の必要性の有無を教えてください。

A.親会社は原則として、その支配下にあるすべての子会社を含め連結財務諸表を作成しなければなりません。連結財務諸表を作成することにより、企業集団としての財政状態及び経営成績が明らかになります。

(続きを読む…)

Q.ベトナムでも税理士制度が採り入れられたようですが、その認定制度や業務内容、税理士法人制度などについて、何かわかりましたら教えてください。

A.2009年より税理士試験制度が開始されました。2010年度初旬に第1回目の合格者発表が行われ、税務代理などを業とするベトナム税理士が誕生致しました。この税理士制度誕生とともに、税理士法人制度もスタートしています。

(続きを読む…)