2021年10月7日、国会で国税規定調和法が可決しました。同月29日付で法令7号が施行されています。下記ではいくつかのポイントを紹介いたします。

タックス・アムネスティ

タックス・アムネスティとは、過去に申告していない資産を期間内に申告することで、罰則・課税が軽減されるという制度となります。期間中に申告する事で通常税率よりも低い税率が適用されます。

2016年にはタックス・アムネスティが実施され一時的に税収が増加した経緯があります。

今回、対象となるのは、下記となります。

  • 第1回タックスアムネスティを利用した法人または個人が2015年までに個人が取得した資産であり未申告のもの
  • 2016年から2020年までに個人が取得した資産であり未申告のもの

前回のタックス・アムネスティと比較して対象者が限定的であることから、前回の様な税収アップには繋がらない可能性が指摘されています。

今回の申告期間は22年1月から6月までが申告期限となっており期限内の申告が必要となります。

納税番号を保有しない者への課税・納税・申告

これまで、納税・申告は全て税務署が発行するNPWP(Tax ID:納税番号)に紐づいていました。しかしながら、新法ではNIK(住民登録番号)が納税番号として利用できることとなり、個人所得税として申告できることとなります。この規定は、主にインドネシア人に適用が想定されており、外国人の適用については従来通りとなります。

炭素税

火力発電所が対象となる者ものの炭素税が2022年4月から導入されます。気候変動にともなう世界的な議論に伴い、排出量削減を目的として1キロあたり30IDRを課税する炭素税が導入されます。対象は段階的に拡大される予定となっています。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/11/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e5%9b%bd%e7%a8%8e%e8%a6%8f%e5%89%87%e8%aa%bf%e5%92%8c%e6%b3%95%e6%88%90%e7%ab%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%88%e3%82%bf/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・国税規則調和法成立について(タックス アムネスティ・NIK・炭素税) from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET