国家税務局 企業所得税の若干政策と徴収管理口径問題に関する公告
(国家税務局公告2021年第17号)(原文

2021年及び以降の企業所得税年度確定申告に適用する。企業所得税の若干政策の徴収管理基準について公告された。公益性寄贈支出に対する税前控除、デット・エクイティ・スワップの税務処理、クロスボーダーハイブリッド投資(株主資本と債権の両特徴を有する投資)業務の企業所得税処理、企業所得税の「査定徴収(みなし簡易課税)」から「帳簿徴収(一般課税)」に移行後の資産に関する税務処理、文化や芸術資産の税務処理、企業が取得した政府財政資金の収益認識時点が含まれている。

公益性寄贈支出に対する税前控除

企業が非貨幣資産を寄贈する際に発生した運賃、保険料、人件費等の関連支出は、国家機関、公益性社会団体が発行した公益寄贈伝票に記載された金額に含まれる場合、公益寄贈支出とされ、規定に基づき税前控除することが可能である。

上記費用は公益寄贈伝票に記載された金額に含まれない場合、企業の関連費用とされ、規定に基づき税前控除することが可能である。

企業が取得した政府財政資金の収益認識時点

企業は市場価格に基づき、貨物を販売し、役務とサービスを提供し、企業が販売した貨物、提供した役務とサービスの数量、金額の一定的な比率に基づき、政府財政部門より全部または一部の資金を支給される場合、この資金に対し、発生主義の原則に基づき収益を認識する。

上記の状況を除き、企業が取得した各政府財政支給に対し、例えば、財政補助金、補償、税額還付等、実際に収益を取得した時点に基づき収益を認識する。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/07/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%83%bb%e4%bc%81%e6%a5%ad%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%8b%a5%e5%b9%b2%e6%94%bf%e7%ad%96%e3%81%a8%e5%be%b4%e5%8f%8e%e7%ae%a1%e7%90%86%e5%8f%a3%e5%be%84%e5%95%8f%e9%a1%8c/trackback/
この投稿へのリンク
中国・企業所得税の若干政策と徴収管理口径問題に関する公告 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET