1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)
 

タイ中央銀行は8月5日の金融政策委員会(MPC)で政策金利を1・5%に据え置くことを決めた。

MPCは、今年に入って政策金利が2回引き下げられ、また、現在過去6年で最低のバーツ安となっていることが輸出の拡大と経済回復につながると予想されることから、現在の利率を維持することが望ましいと判断したものという。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/08/%e3%82%bf%e3%82%a4%e4%b8%ad%e9%8a%80-%e6%94%bf%e7%ad%96%e9%87%91%e5%88%a9%e3%82%92%ef%bc%91%e3%83%bb%ef%bc%95%ef%bc%85%e3%81%ab%e6%8d%ae%e3%81%88%e7%bd%ae%e3%81%8d/trackback/
この投稿へのリンク
タイ中銀 政策金利を1・5%に据え置き from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET