1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

広東省では5月1日、新たな最低給与基準が施行され、平均で約20%引き上げられた。2日付香港各紙によると、新たな最低給与基準は1類(広州)が1550元、2類(珠海、仏山、東莞、中山)が1310元、2類(汕頭、恵州、江門、肇慶)が1130元、4類(その他)が1010元となる。深セン市はこの改正に含まれず3月1日から1600元に引き上げられた。全国最高の深センに次ぐレベルとなった広州は、2009年の860元に比べると4年間で約80%引き上げられたことになる。また従来は2類となっていた広州市内の花都、番禺、南沙、従花、増城の5区も1類に統一されたため、約40%の引き上げとなる。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/05/minimum-wage-in-guangdong-2013/trackback/
この投稿へのリンク
広東省、最低給与基準を20%引き上げ from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET