1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.50 評価, 2 投票)
 

中国人民銀行(中央銀行)が1月10~11日に行った工作会議で新たな適格国内機関投資家(QDII2)の積極推進が打ち出され、香港では「香港株直通車」実現に対する期待が高まっている。14日付香港各紙によると、会議では今年の8大工作のうち人民元越境利用のさらなる拡大として人民元適格海外機関投資家(RQFII)の推進とQDII2の準備作業が盛り込まれた。国泰君安証券の閻峰・会長はQDII2の第1陣試行が年内に実施され、中国本土の個人資金による香港への直接投資が可能になると指摘。2007年に香港株を刺激した「香港株直通車」の実現とみる向きがあるが、閻会長はQDIIの枠組みの下となるので香港株への影響は限定的とみている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/01/expectation-for-qdii2/trackback/
この投稿へのリンク
QDII2、「香港株直通車」の期待再燃 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET