1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

政府の初任給引き上げ政策に従い、商業銀行数社が、2012年1月から大卒新卒者の初任給を1万5000バーツにすると発表した。

カシコン銀行のソムキアット副頭取は、「これまで1万2000バーツだった大卒新卒者初任給の最低額を、1月より1万5000バーツに引き上げる」と説明。また、現行員については、2011年度の業績により、6─7%の昇給を検討中という。

同行では2012年度、2000人から3000人の新規採用を予定している。

同副頭取は、「この数年、4─5%だった離職率が現在では10%に達している。特に30歳前後のY世代の離職率が高い。当行では行員の40%がY世代のため、入れ替わりも早くなってきた」と指摘する。

クルンタイ銀行でも1月から給与を引き上げるが、サイアム商業銀行では、「平均基本給1万4000バーツに年間2カ月分の賞与で、平均給与は既に1万5000バーツを超えている」とし、今回は特に引き上げを行わないとしている。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/12/%e5%95%86%e9%8a%80%e3%80%81%e5%a4%a7%e5%8d%92%e5%88%9d%e4%bb%bb%e7%b5%a6%e5%bc%95%e3%81%8d%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%b8/trackback/
この投稿へのリンク
商銀、大卒初任給引き上げへ from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET